本牧グラフィティ"HOMMOKU GRAFFITI"

FENCEの向うのアメリカ・・・時代と共に姿を変える街、横浜「本牧グラフィティ」

馬車道

calendar

reload

馬車道

吉田橋から県立歴史博物館にむかう通りは、街灯や電話ボックスが明治時期の洋風に模して作られ、往時をしのばせてくれる。この通りを馬車道(ばしゃみち)という。文字通り馬車の通る道で、居留地の外国人の要求により1867(慶応3)年3月に作られた。

馬車は開港直後にわが国に入り、異人馬車・やぐら馬車・馬ひき車などと呼ばれ、外国人専用の乗物であった。これが乗合馬車として企業化されたのが、1867年秋で、茶や絹などの貿易を行っていたコブ商会によってである。同商会は、横浜と江戸築地(つきじ)間に午前と午後の2回定期便を走らせ、料金は1人2ドル、所要時間は2時間で営業していた。乗合馬車が日本人によって営業されたのは1869年5月で、わが国写真業の祖といわれる下岡久之助(蓮杖(れんじょう))らによって営業された成駒屋であった。成駒屋は吉田橋脇の官有地で営業し、そこを発着所とし、都橋を渡り、野毛山を通り戸部、平沼を経由して東京日本橋四日市河岸にむかった。2頭立ての馬車を使い、定員6人、料金は3分(ぶ)(後に75銭)で、所要時間は4時間であった。その後、これらの乗合馬車は互いにスピードアップや増便を行なって激しく競争したが、1872(明治5)年の鉄道開通、さらに人力車の普及によって乗合馬車は経営不振に陥っていった。

馬車道の太田町角駒形橋の東詰め(現太田町4丁目)には、1868年、下岡久之助によってわが国最初の写真屋が開業され、翌年には、町田房造が常磐町5丁目に氷水屋(アイスクリーム屋)を開業、さらに1872年10月にガス灯がともり、馬車道は文明開化を象徴する通りであった。

参考 神奈川県の歴史散歩 山川出版社 1996

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

横浜
根岸競馬場跡
日刊新聞発祥の地
ゲーテ座跡
県立博物館(旧正金銀行本店)
日米和親条約調印の地

folder 歴史

【解説】本牧の四角いピザの秘密
【解説】本牧神社
本牧十二天緑地:2015.2.5開園
more...

folder 風俗・文化

【解説】本牧の四角いピザの秘密
フリーメイソンと本牧
消えた横浜娼婦たち -港のマリーの時代を巡って-:檀原照和
more...

folder マイカル本牧

旧マイカル本牧 デッキの謎!
マイカル本牧(アーカイブ)
マイカル本牧の命名
more...

folder チャブ屋

奇跡の「スターホテル」
チャブ屋地図(戦前・戦後):Google map
チャブ屋の記事:神奈川新聞
more...

folder 米軍基地

米軍ハウスの生活
フリーメイソンと本牧
奇跡の「スターホテル」
more...

folder お店・名所

【解説】本牧の四角いピザの秘密
【解説】本牧神社
1990年代の本牧深夜族
more...

folder CHIBOW SAN

敗者復活戦(ランナウェイ):柳ジョージ
シーナさん, R.I.P.
SKA-9
more...

folder クレイジーケンバンド

もうすっかりあれなんだよね:クレイジーケンバンド
クレイジーケンズ マイ・スタンダード:横山剣
Spark Plug:クレイジーケンバンド
more...

folder ザ・ゴールデン・カップス

舞台:横浜グラフィティ
敗者復活戦(ランナウェイ):柳ジョージ
ハートに火をつけて!だれが消す:鈴木いづみ
more...

folder 横浜の歴史散歩

鉄道発祥記念碑とエドモンド=モレルの肖像
ガス灯
神奈川奉行所跡と井伊直弼像
more...

folder 書籍/CD / DVD

敗者復活戦(ランナウェイ):柳ジョージ
もうすっかりあれなんだよね:クレイジーケンバンド
クレイジーケンズ マイ・スタンダード:横山剣
more...

folder その他・日記

舞台:横浜グラフィティ
シーナさん, R.I.P.
本牧接収3D地図:国土地理院
more...