マイカル本牧

マイカル本牧マイカル本牧
マイカル本牧

マイカル本牧 デッキの謎!

本牧通りを跨ぐ、イオン本牧とベイタウン本牧5番街のデッキ(正式には、「ペデストリアンデッキ」と言う)は、歩道橋ではない。通常、公道上に民間企業が架橋(デッキ)を建設するのは、道路交通法上不可能である。では、どのようにして現在のデッキを作ることが出来たのか?その経緯を調べてみた。
マイカル本牧

マイカル本牧(アーカイブ)

現在のイオン本牧は、アメリカ軍の接収地が返還され、1989年4月30日に「マイカル本牧」としてオープンしました。当時は、バブル時代の絶頂期で、同年の前月3月25日からは横浜博覧会が開催され、4月1日からは消費税制度が税率3%として導入が開始されていました。
マイカル本牧

マイカル本牧の命名

マイカルグループの総帥・小林敏峯ニチイ社長は、社長に就任すると同時に、ニチイグループとして、新しい時代に向け、新しい考え方を示すYM-CAL(ワイエム・キャル)=「Young & Young Mind Casual Amenity Life」哲学を発表した。
マイカル本牧

マイカル本牧は、なぜ、スペイン風か?

なんだ?アメリカングラフィティをイメージしてたけど、普通の街なんですね。(言葉にしないが、普通の街より寂れてる感も)それにしても、どうしてアメリカじゃなくて、スペイン(旧マイカル本牧)なんですか?
マイカル本牧

ベイタウン本牧5番街

ベイタウン本牧5番街が、2010年10月22日にオープンしました。店舗を管理するのは、不動産事業などを展開するゲオエステート(名古屋市)。建物は地下1階、地上6階建てで総床面積は約3万3千平方メートル。
マイカル本牧

マイカル本牧(オープン時)

1989年4月30日、マイカル本牧開業。敷地面積33,456㎡、延べ床面積121,000㎡、事業面積49,334㎡。センター地区は9のブロックに分かれ、一番街から一一番街(四、九番街はなし。)で、スペイン風の建物が並ぶ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました