「本牧」の地名の由来

歴史
スポンサーリンク

そもそも、「本牧」って地名は、どこから付いたんだろ?
って思って調べてみたところ鎌倉時代の初め、12世紀頃から
歴史に出てるらしい!ってかなり昔に、さかのぼるんだけどね。

1.アイヌ語説

アイヌ語のポン(小さい)モリ(海湾)で「ポンモリ」が
訛って「ホンモク(本牧)」ってなったとか・・・?
更に、マカ(開く)ト(湖水)で「マカト」が訛って
「マカド(間門)」も同様とのこと。
横浜市保土ケ谷区仏向町の古代発掘で見つかった貝塚から
生活様式を見るとアイヌ民族らしい・・・?なので、
トッペ(戸部)、カタヒラ(帷子)、ホト(保土)も
アイヌ語から来てるみたいなんだよね~。
でも、「アイヌって北海道じゃない?何故?」って思って
調べたら、理由は、昔の日本列島には今のアイヌの祖先、
もしくはアイヌ語の語源を話す人が住んでたが大陸から
日本原人(渡来人)が北九州から入り、アイヌ語がなくなり
今の語源になったとか・・・

本当かどうか?は分かっていないけど横浜市の地名解説
にも間門の地名はアイヌ語からと書かれてるんだよね~

リンク:横浜市の「中区の町名とそのあゆみ」

2.牧場説

牧場のつながりから地名が付いたとか?
10世紀に天皇の御牧として4牧設置された1牧が本牧地区
かもしれない?(現在も場所の特定はされていません。)
また、現在の本牧地区には「牛込」「間門(馬門)」がある。
間門の旧家に残された證文に小字名として「馬瀬」と記され
名寄帳にも「ませ口」とあって、ませとは「馬塞」と書いて
馬が出られないように作った垣を言うらしい・・・

まあ、そんな感じで、どちもどっちって感じだけどね~(笑)
昔は、「本牧」を「本目」と書いてた記録もあるんだよね。
結局は、いま現在も「本牧」の名前の由来は分かっていない!
そんな風に古い時代を妄想するのも楽しいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました