書籍・雑誌

消えた横浜娼婦たち -港のマリーの時代を巡って-:檀原照和

この本は、作家の檀原照和さんが、横浜の娼婦を書いたノンフィクションである。 「1859年の開港から2005年までの横浜娼婦をノンフィクションで書いた、時代と共に変化していく横浜娼婦の背景が書かれた教科書だ!」 開港前の飯盛女から開港...
チャブ屋

チャブ屋の記事:神奈川新聞(戦前)

今回、神奈川新聞から「チャブ屋」の文字が使われている戦前の記事を抜き出して当時のリアルな状況を調べてみました。文章の引用間違いや、抜き出しモレがあるかもしれない事をご了承ください。 現在の「神奈川新聞」は、次の様に変遷していますのでご...
書籍・雑誌

赤い崖の女:山崎洋子

この本は、小説家の山崎洋子さんが、横浜の開港時代を舞台とした小説である。 「漁村の本牧にペリーが現れた頃から、横浜遊郭時代を経て元町が発展し始めた頃の横浜開港時代を事実に沿って教えてくれる!」 フィクションでありながら、実に歴史的な...
イベント・他

本牧十二天の丘は保全

2009年7月9日 本牧十二天の丘が売却されるニュースが発表された! タウンニュース「中区・西区版」 本牧十二天の丘 「鎮守の森」売却か 地元で困惑広がる 平安時代に創建され、千年近い歴史を誇る本牧神社が鎮座していた「本牧十二...
マイカル本牧

マイカル本牧の命名

マイカルグループの総帥・小林敏峯ニチイ社長は、社長に就任すると同時に、ニチイグループとして、新しい時代に向け、新しい考え方を示すYM-CAL(ワイエム・キャル)=「Young & Young Mind Casual Amenity ...
マイカル本牧

マイカル本牧は、なぜ、スペイン風か?

最近(マイカル本牧が衰退後)、本牧に憧れて初めて本牧に訪れた人からよく聞く意見を書いてみる。 「なんだ?アメリカングラフィティをイメージしてたけど、普通の街なんですね。(言葉にしないが、普通の街より寂れてる感も)それにしても、どうして...
書籍・雑誌

マイク・ハマーへ伝言:矢作俊彦

この本は、小説家の矢作俊彦さんが横浜を舞台として書いたハードボイルド長編小説である。 「キラキラした本牧のピークを過ぎた背景と、台詞の一言一言がクールにマッチングして男達の心境を繊細に匂わせるダンディズム満載の小説だ!」ミッキー・スピ...
書籍・雑誌

ハートに火をつけて!だれが消す:鈴木いづみ

この本は、著者:鈴木いづみさんが、私小説として23歳から29歳までの、人生を書いた書籍である。 「壮絶すぎる人生を送った彼女と言うしかない物語!」 1972年から1978年の人生をベースに書かれていた。 この本を読むきっかけは、...
歴史

横浜遊郭

横浜遊郭とは、横浜で移転を繰り返した公娼遊郭の総称です。 本牧のチャブ屋については、このブログでも紹介したが、私娼のチャブ屋に対して公娼の遊郭が存在します。その、遊郭についても本牧と関連がある為、色々と調べてみた内容を紹介します。 ...
イベント・他

本牧アートプロジェクト2014

本牧アートプロジェクト2014 ・2014年11月22日(土)~ 24日(月・祝) 「記憶する街、本牧。新たな記憶が生まれるとき」
書籍・雑誌

横浜秘色歌留多:山崎洋子

この本は、小説家の山崎洋子さんが、本牧を舞台とした傑作推理長編である。 「1921年の本牧を、これだけ描写した本は他にまれをみない。徹底的に調査したフィクションの本!」 フィクションなので、勝手に想像(谷崎さんを知ってる人は、誰でも思...
書籍・雑誌

本牧夜話:谷崎潤一郎

この本は、小説家、谷崎潤一郎さんが、本牧のチャブ屋「キヨホテル」の隣に住み書いた戯曲(脚本)である。 「従来の日本人文化と異国人文化の複雑な関係を、恋愛関係を用いて書かれた本!」 その後、様々な人によって映画化や演劇化されている作品で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました